電話加入権の内容が知りたい【詳細を調べよう】

婦人

インターネットを安くする

今やインターネットは光回線の時代ですが、光回線を安く利用するならauひかりがおすすめです。auスマートフォンを利用している人はスマホ料金も安くできますし、固定電話も光回線にすれば基本料金や通話料も抑えることができます。

詳しく見る

男性

誰にもお勧めの格安SIM

UQmobileはヘビーユーザーからライトユーザーまで評判の高い格安SIMです。多彩なプランやオプションが評判高く、データ無制限プランも用意されていて、ライトユーザーには無料通話が手厚いプランも用意されています。

詳しく見る

電話

固定電話回線の権利

固定電話を設置する権利を電話加入権と言います。電話加入権が不必要な固定回線では、基本料金が割高にあります。しかし後から、加入権を購入できます。家族が休止中の電話加入権を持っているなら、購入するより名義変更するとお得です。もし10年以上加入権を放置すると、解約扱いになるので注意しましょう。

詳しく見る

婦人

光回線で人気の業者

インターネットは回線業者によってサービス内容が変わってきます。特に評判なのはauひかりです。契約年数によって割引されますし、スマホと連動した割引サービスでは毎月2000円もお得になります。また回線スピードが速いのも人気の理由です。サクサクとインターネットをしたい人にはおすすめです。

詳しく見る

SIMカード

格安スマホのイチオシ業者

大手通信会社の回線を借りている格安スマホの人気が高くなっています。その中でも評判なのがUQmobileです。格安スマホは通信速度が問題ですが、UQmobileは混雑する昼の時間帯でも通信速度が速いのです。料金も大手通信会社の3分の1程度に抑えられます。定額で何回でも5分間通話できるのも魅力です。

詳しく見る

施設設置負担金とは

電話

アナログ回線の普及が目的

電話加入権とは、アナログ電話回線をNTT東日本やNTT西日本と契約するための権利のことです。この電話加入権は戦後に始まりました。アナログ回線を普及しようとしたときに、電線や電柱などのインフラ整備を行うための資金が足りなかったためです。電話加入権、別名電話設備費負担金を払うと、電話を引く権利が得られました。1960年には電話設備費負担金は廃止され、設備料に改称されました。そして1985年には工事負担金に改称、1976年にピークだった料金は値下がりし始めます。さらに1989年に施設設置負担金に改称され、2005年に金額が36000円に改定されました。アナログ回線のみだった電話回線ですが、近年ではNTT回線非経由サービスや光ファイバーを利用したサービスなど、電話加入権不要のサービスが出てきました。ですから、電話利用者は必ずしも施設設置負担金を支払う必要はなくなっています。しかし、災害時にはスマホや携帯電話が一時使えなくなる可能性は高く、停電になれば光ファイバー利用の電話は使えません。その点NTT加入電話は電話基地局に影響が出ていなければ災害時にも繋がります。よほど大規模な災害でなければ使えるため、災害に強い通信網と言えます。また、電話加入権は権利者の財産です。ですから、利用者が亡くなれば相続対象になり、生前でも譲渡や改称が可能です。それに加えて、利用休止や一時中断といった手続きもできます。

Copyright© 2018 電話加入権の内容が知りたい【詳細を調べよう】 All Rights Reserved.