電話加入権の内容が知りたい【詳細を調べよう】

固定電話回線の権利

電話

電話に関する権利とは

固定電話を設置する権利のことを、電話加入権と言います。電話加入権を得るには、施設設置負担金を支払う必要があります。固定電話を引くためには、昔は電話加入権を購入しなければいけませんでした。しかし最近では、購入が不必要なタイプもあるのです。購入が不必要なタイプの固定回線では、必要なタイプよりも基本料金が割高という特徴があります。しかし、電話加入権がいらないタイプを利用している人でも、後から電話加入権を購入することで、加入電話扱いになります。すると、基本料金が安くなるのです。もし電話加入権がいらなくなった場合は、解約するか休止するかになります。解約した場合は、権利は喪失することになります。ちなみに、電話加入権は企業の場合は無形固定資産扱いで、個人の場合は継承相続売買担保などの財産という扱いになります。そのため、家族が休止中の電話加入権を持っているなら、その休止中の権利を名義変更し、使わせてもらうとい方法が取れます。後から購入するより、その方がお得と言えるでしょう。もし加入権を中止しており、現在どうなっているのか確認したいと思ったら、116に電話をかけることで、確認ができます。電話加入権に関しては、注意事項もあります。休止してから10年経っても利用者から申し出がない場合は、解約扱いになってしまうのです。将来的に電話加入権を使用するかもしれないという場合は、放置せずに連絡をするようにしましょう。

Copyright© 2018 電話加入権の内容が知りたい【詳細を調べよう】 All Rights Reserved.